ログイン  |  新規登録
メインメニュー
公益大生、まち活動日記
社会起業家育成研究会 - 最新エントリ

カテゴリ


最新エントリ
2012/11/13

執筆者: 社会起業家育成チーム (2:06 pm)
11月3日(土)の「明日から起業!社会起業家育成講座」第3講は徳永洋子氏(日本ファシリテーション協会事務局長)を講師に迎え「社会に求められるNPO〜ミッション、ビジョン、ストラテジー〜」と題して講演。公益大生を含む25名が参加した。

徳永氏はNPOの目的として二つを挙げた。一つは現場での活動。もう一つは社会的課題(ニーズ)自体の存在を知らせること。
課題の存在を知らせるためには、情報を公開し協力者・仲間をつくる必要があり、どのように伝えていくかが重要である。伝わりやすい話にするコツとして、ビジョン・ミッションに関するエピソードをストーリー化し、1〜3分の話にまとめることが有効であると語った。



講演会の中でも、参加者が隣の人と「自分の夢を一分間語り合う」ワークを行った。

ミッション・ビジョン・戦略については登山に例えて紹介。戦略はミッションとビジョンに共感してくれた人に実現性のある計画を示すこと。やみくもに活動するだけでは実現性に欠けるため、信頼が得られない。逆に信頼を得られる活動は共感につながって支援されるため、資金計画も可能になることにつながるとし、戦略の必要性を述べた。

また戦略の立て方の流れとしては、始めにビジョンを明確化したのちに現実とビジョンとのギャップの把握を行う。次に把握したギャップの中から取り組むべき課題を抽出し、具体的に日々の活動に落とし込んでいく。という手法を説明した。 


  
講演会後のワークショップでは、具体例を参考にワークシートに沿った活動計画の立て方について説明があった。短時間だったが充実した講座となった。
2012/10/31

執筆者: 社会起業家育成チーム (10:20 am)
○日 時 平成24年11月17日(土) 14:30〜15:30

○会 場 東北公益文科大学 公益ホール2階中研修室(酒田市)

○参加費 500円

○対 象 どなたでも

○演 題 「NPOのつくりかた」

○内 容 NNPO・市民活動を行うための組織のつくりかたや運営のしかたについて、ミッション「共有」の視点から学びます。

○講 師 滝口克典氏 (NPOぷらっとほーむ 共同代表)
東根市出身。1973年生まれ。山形大学大学院社会文化システム研究科修了(歴史学修士)、東北公益文科大学大学院公益学研究科修了(公益学修士)。日本教育社会学会、日本生涯学習学会、社会文化学会会員。専門は教育社会学、教育方法学。現在は、若者支援NPO「ぷらっとほーむ」共同代表として、若者の居場所/学びの場づくりの活動に取り組む一方、学校図書館における市民教育実践についてのフィールド調査を行っている。

○主催:社会起業家育成研究会

○お申し込み・問い合わせ
社会起業家育成研究会事務局
〒998−8580 山形県酒田市飯森山3−5−1
(東北公益文科大学地域共創センター内)
TEL:0234−41−1115 
FAX:0234−41−1135 
E-mail: kyoso@koeki-u.ac.jp(アットマーク小文字に変えてください)
2012/10/31

執筆者: 社会起業家育成チーム (10:20 am)
○日 時 平成24年11月29日(木) 18:00〜19:30

○会 場 東北公益文科大学 公益ホール2階中研修室(酒田市)

○参加費 500円

○対 象 どなたでも

○演 題 「ビジネスプランと資金調達」

○内 容 ビジネスプランの作り方から資金調達まで事例紹介をもとに学びます。

○講 師 高篠重毅氏(株式会社日本政策金融公庫仙台支店 国民生活事業 東北創業支援センター所長)
東京都立大学卒業後、1988年4月国民金融公庫入庫(現日本政策金融公庫)
大森支店融資第二課長を経て平成24年4月より現職

○主催:社会起業家育成研究会

○お申し込み・問い合わせ
社会起業家育成研究会事務局
〒998−8580 山形県酒田市飯森山3−5−1
(東北公益文科大学地域共創センター内)
TEL:0234−41−1115 
FAX:0234−41−1135 
E-mail: kyoso@koeki-u.ac.jp(アットマーク小文字に変えてください)
2012/10/31

執筆者: 社会起業家育成チーム (10:10 am)
10月15日(月)、社会起業家育成研究会が主催する「明日から起業!社会起業家育成講座」が開講した。第一講は広石拓司氏(株式会社エンバブリック代表取締役)を講師に迎え「思いを事業にするためのコミュニティ戦略」と題して講演。公益大生を含む24名が参加した。

起業家が成功する要因として「うまくいく起業家は、頭が良くて一人でなんでもできる人ではなく、周りに相談して誰かに手伝ってもらう人。周囲の協力を得ながら自らも成長できる。」と語った。



日本のNPOが成長できない理由について、ホームパーティを事例に挙げ「年代や業種の異なる人々が30人ほど集まる場をさらりと運営できない(場づくりができない)。

場づくりできる人は、仕切りや盛り上げることがうまい人ではなく、守り立てる(ファシリテーション。関心があり思いがあっても自分から話せない人が、安心して話せる場をつくれる)人。」と説明。技術としてのファシリテーションの重要性を述べた。

学生の受講生は「学生にもできることがある。地域や周りの人への聞き取り調査は事業に繋がるヒントがある。まずはリサーチなどできることから始めて。」という講師の言葉にメモを走らせていた。



講演後の第2講「ワークショップ」では、思いを整理し事業化するワークシートに記入。グループ3〜4人に分かれて発表も行った。講座終了後も講師へ質問が多く寄せられ、有意義な講座となった。
2012/10/11

執筆者: 社会起業家育成チーム (1:13 pm)
○日 時 平成24年11月3日(土) 14:30〜15:30

○会 場 東北公益文科大学 公益ホール2階中研修室(酒田市)

○参加費 500円

○対 象 どなたでも

○演 題 「社会に求められるNPO〜ミッション、ビジョン、ストラテジー〜」

○内 容 NPOマネジメントにおいて、ミッション(使命)ビジョン(未来構想)ストラテジー(戦略)の三本柱の共有が大事です。NPOのみならず、社会に求められる持続可能な事業をおこなうためのポイントについて、お聞きいたします。

○講 師 徳永洋子氏 (日本ファンドレイジング協会 事務局長)
 プロフィール
東京都出身。聖心女子大学卒業後、三菱商事に勤務。1998年から日本フィランソロピー協会で視覚障害者向け録音図書のネット配信事業に従事。2000年よりシーズ・市民活動を支える制度をつくる会で、おもにNPOのファンドレイジング力向上事業に従事。そのプロジェクトの一環として、日本ファンドレイジング協会設立準備を担当。2009年2月、同協会設立と同時に同協会事務局次長となり、2012年6月より現職。

○主催:社会起業家育成研究会

○お申し込み・問い合わせ
社会起業家育成研究会事務局
〒998−8580 山形県酒田市飯森山3−5−1
(東北公益文科大学地域共創センター内)
TEL:0234−41−1115 
FAX:0234−41−1135 
E-mail: kyoso@koeki-u.ac.jp(アットマーク小文字に変えてください)
2012/10/11

執筆者: 社会起業家育成チーム (1:08 pm)
○日 時 平成24年10月15日(月) 18:30〜19:30

○会 場 東北公益文科大学 公益ホール2階中研修室(酒田市)

○参加費 500円

○対 象 どなたでも

○演 題 「思いを事業にするためのコミュニティ戦略」

○内 容 自分の中にある思いを計画にまとめただけでは、事業としての実現が難しいと思います。思いを整理し、周りに伝え、事業に必要な資源を集めるプロセスを考えていく必要があります。 
 また、事業が生まれることで地域にどんな貢献ができるか伝えて支援を得ることによって、思いを事業にすることが可能です。

○講 師 広石拓司氏(株式会社エンパブリック 代表取締役)
 プロフィール
1968年大阪市生まれ。東京大学薬学系修士課程終了後、シンクタンクにて医療経営などに携わった          後、01年より、NPO法人ETIC.に参画し、社会起業家の育成に取り組む。
08年5月、株式会社エンパブリックを設立。幅広い人が社会活動を立ち上げ、充実させる基盤となるコミュニティづくりのためのプログラム開発、担い手育成に取り組み、市民社会のバリュー・チェーン構築に挑戦中。
2011年、書籍「まちの起業がどんどん生まれるコミュニティ」発刊。
NPO法人えがおつなげて理事、東北大学大学院環境科学研究科、慶応義塾大学SFCの非常勤講師も務める。

○主催:社会起業家育成研究会

○お申し込み・問い合わせ
社会起業家育成研究会事務局
〒998−8580 山形県酒田市飯森山3−5−1
(東北公益文科大学地域共創センター内)
TEL:0234−41−1115 
FAX:0234−41−1135 
E-mail: kyoso@koeki-u.ac.jp(アットマーク小文字に変えてください)
2012/10/10

執筆者: 社会起業家育成チーム (2:20 pm)
9月23日(日)に開催された「社会起業家育成講座プレ講座」について報告いたします。

この「プレ講座」は、10月15日から12月9日にかけ全5日間の日程で開講予定の「社会起業家育成講座」の体験版として開催しました。

前半の講演会では「ワンコイン健診の挑戦〜3,300万人を救うため〜」と題して、ケアプロ株式会社代表取締役社長である川添高志氏を講師に迎え、起業までの道のりとこれから事業展開について御講演いただきました。
健診弱者とは、1年以上の健康診断を受けていない人のことです。川添氏は健診弱者を救うために、500円から健診ができる「ワンコイン健診」事業に取組んでいる理由を2つ上げていました。

1つは、生活習慣病が医療費の約3割を占め、死因の約7割であるにもかかわらず、健診未受診率が約4割(健診弱者)にもなり、国家予算に占める医療費(約38兆円)が大きく、健康は社会貢献になるということです。
もう1つは、高校時代から医療ビジネスの道を志し、その後米国の予防医療システムや医療現場で患者さんとの出会いにより、起業への想いを強くしたことです。



























 川添氏は、いくつもの壁に突き当たりながらも、これまで事業が持続できたポイントとして次のように分析しています。
 ー匆馘な使命を持っている
 ▲ぅ戰鵐氾のビジネススキームの構築ができた
 プレスリリースによりマスコミにとりあげられた
 せ屬剖Υ兇靴討れた支援者が多かった
 ゼ最圓魘欧譴困法挑戦し続ける志により若くて優秀な仲間が集まった

今後のビジョンとして「髪の毛を切るような感覚で定期的な健診を受ける新しい文化を創ること。さらに、健康はエコと同じような社会貢献になるので、世界に広めていきたい」と語ってくれました。

後半のパネルディスカッションでは、東北公益文科大学 教授 渋川智明氏がコーディネーターとなり、講師の川添氏と社会起業家育成講座受講生OB・OGである株式会社ヨコハウス庄内 代表取締役社長 横田俊雄氏、ケアプランセンターコーデ・E 所長 青梨由加里氏をパネリストに迎え「起業の企画と準備について」をテーマに開催しました。



























受講後に起業されたお二人は、「育成講座を受講し、受講生である若者から勇気をもらった。事業を行うには、地域に根差した考え方が大切(横田氏)」、「大震災を機に明日死んでもいいようにやりたいことをやると決意(青梨氏)」とそれぞれ事業の経験以外に、起業を決断する出来事があることが分かりました。

会場から「起業を考えているが、始めに何をしたか教えてほしい。また人材はどうやって集めたらいいのか。」という質問に対して、「始めは家族や友達など周りの人に自分のプランを聞いてもらうこと。また自分でも書籍やインターネットなどで調べること。人材を得るのは良い友達をつくること。もし断られたら、他に人を紹介してもらう[芋づる式]で探した。」と回答をいただきました。

また川添氏は、起業を志す若者に対して「お客様やスタッフを集めることはとても重要。自分は人との縁を大切にしている。裸踊りという言葉があるが、まわりがフォローすることで初めて本当にリーダーになれる。後継者や仲間づくりを頑張って欲しい。」とエールを送りました。
他に参加者から健康に関する質問などもあり、充実したパネルディスカッションとなりました。

連続講座である社会起業家育成講座は「明日から起業!」をテーマとして10月15日より開催いたします。初回の講師は株式会社エンバブリック代表取締役 広石拓司氏です。
2012/09/21

執筆者: 社会起業家育成チーム (9:29 am)
■概要:「社会起業家」とは社会的な課題をビジネスの手法と起業家精神をもって、創造的に解決しようとする人たちのことです。
今年度は「明日から起業!」をテーマとして開催いたします。
社会起業家育成研究会では、社会起業に挑戦する人たちの育成とともに、社会起業への理解を深める事業を行なっております。

●本講座の特徴
本講座は、2部構成(受講生の部、聴講生の部)となっております。

●受講生の部
◎ワークショップ・事業計画相談・事業計画発表会を含む全9講に参加出来ます。
◎講座を通じて事業計画を作成し、将来の社会起業を目指すことを目的としています。その結果、基礎的な企画力、プレゼンテーション能力の向上にも役立ちます。
◎同じ志を持つ仲間と共に学べます。
◎講座途中から、さらなるステップアップとして創業・起業支援ゼミへの参加が可能です(無料)。
●聴講生の部
◎講演会のみ参加する方。どなたでも参加できます。
◎ワークショップ・事業計画相談・事業計画発表会には参加できません。


■定員
◎受講生の部:15名(うち一般社会人10名、学生5名)
◎聴講生の部:約80名

■参加対象:
本講座は、2部構成(受講生の部、聴講生の部)となっております。
◎受講生の部:一般社会人の場合、1〜2年以内の起業を検討されている人。
       学生の場合、社会起業に興味がある、又は将来起業を考えている人・チーム。
◎聴講生の部:どなたでも。


■会場:東北公益文科大学 公益ホール
 (〒998-8580 山形県酒田市飯森山3‐5−1)


■開催日時:
10月15日(月)〜12月9日(日)まで5日間、全9講。


■講師
 広石拓司氏(株式会社エンパブリック 代表取締役)
第1講 10月15日(月)18:30〜19:30 「思いを事業にするためのコミュニティ戦略」
第2講        19:40〜21:00「ワークショップ(受講生のみ参加)」

 徳永洋子氏(日本ファンドレイジング協会 事務局長)
第3講 11月3日(土)14:30〜15:30「社会に求められるNPO〜ミッション、ビジョン、ストラテジー〜」
第4講       15:40〜16:30「プランの策定ワークショップ(受講生のみ参加)」   

 滝口克典氏(NPOぷらっとほーむ 共同代表)
第5講 11月17日(土)14:30〜15:30「NPOのつくりかた」
第6講        15:40〜17:00「組織点検ワークショップ(受講生のみ参加)」 

 高篠重毅氏(株式会社日本政策金融公庫仙台支店 国民生活事業東北創業支援センター所長)
第7講 11月29日(木)18:00〜19:30「ビジネスプランと資金調達」
第8講        19:40〜20:00「事業計画相談(受講生のみ参加)」
 
 社会起業家育成研究会会員など
第9講 12月9日(日)13:30〜16:00「事業計画発表会・修了式(受講生のみ参加)」


■参加費:
◎受講生の部:4,500円(東北公益文科大学学生は無料)
 ※エントリーシートによる事前の申込みが必要です。受講料は初回受講時に会場受付にて申し受けます。
◎聴講生の部:一回500円(東北公益文科大学学生、社会起業家育成講座修了生は無料) 。


■申込〆切:
◎受講生の部:第一次〆切 10月3日(水)
(定員に満たないため、募集を継続しております。)
◎聴講生の部:随時(定員になり次第、募集を終了いたします)
(定員に満たないため、募集を継続しております。)

■申込方法:
◎受講生の部:エントリーシートに必要事項を記入し、メール・FAX又は郵送・持参でお申し込みください。
◎聴講生の部:講演会の講師名(複数可)・お名前・ご職業・参加人数・ご住所・電話番号を記入の上、メール・FAX又は郵送・持参でお申し込みください。


■主催:
社会起業家育成研究会(東北公益文科大学、日本政策金融公庫、山形県)


■申込・問合せ先:
社会起業家育成研究会事務局(東北公益文科大学地域共創センター内)
〒998-8580 山形県酒田市飯森山3−5−1
TEL:0234-41-1115
FAX:0234-41-1135
E-mail: kyoso@koeki-u.ac.jp(アットマークを小文字に換えてください)


■社会起業家育成講座パンフレット・受講生エントリーシートのダウンロード
(下記のリンクを右クリック後「対象をファイルに保存」を選択するとダウンロードできます)
●講座パンフレット表(PDF形式806KB)

●講座パンフレット中(PDF形式732KB)

●エントリーシート一般用(PDF形式153KB)

●エントリーシート学生用(PDF形式176KB)
2012/08/10

執筆者: 社会起業家育成チーム (8:38 am)
社会起業家育成研究会では、地域や社会の課題をビジネスの手法を用いて解決する「社会起業家」の育成を目的として、10月15日〜12月上旬にかけて社会起業家育成講座(本講座)の開催を予定しておりますが、本講座の開催に先立ち、「社会起業家」への関心を高め、本講座参加者を広く募るため、下記のとおり「プレ講座」を開催いたします。
ぜひ御参加下さい。


● 日   時  平成24年9月23日(日)14:30〜16:30

● 会  場  東北公益文科大学鶴岡キャンパス大学院ホール(鶴岡市馬場町14-1)

● 内  容  
々岷蕾
・演題「ワンコイン健診の挑戦〜健診弱者3300万人を救うため〜」
・講師 川添高志氏(ケアプロ株式会社 代表取締役社長)
▲僖優襯妊スカッション(講師、本講座受講生OG・OBである地元起業家)
・テーマ「起業の企画と準備について」
・パネリスト 川添高志氏(ケアプロ株式会社 代表取締役社長)
                横田俊雄氏(株式会社ヨコハウス庄内 代表取締役社長)
           青梨由加里氏(株式会社アライブ ケアプランセンター コーデ・E所長)
・コ―ディネーター  渋川智明氏(東北公益文科大学 教授)

● 対 象 者  どなたでも

● 参 加 費  500円(学生無料)

● 主 催 者 社会起業家育成研究会
地域や社会の課題をビジネスの手法を用いて解決する「社会起業家」の育成支援のために設立
構 成:東北公益文科大学、日本政策金融公庫、山形県

● 申込み・問合せ先
社会起業家育成研究会事務局(東北公益文科大学 地域共創センター内)  
TEL:0234-41-1115  FAX:0234-41-1135 
E-mail:kyoso@koeki-u.ac.jp(アットマークを小文字に変えてお送りください)


2012/05/30
カテゴリ: 社会起業家の紹介 : 

執筆者: 共創センター (4:52 pm)
社会的な課題をビジネスの手法と起業家精神をもって、創造的に解決しようとする「社会起業家」の育成に取り組む本会。
このたび、平成23年度に実施した社会起業家育成講座の講演録を作成しました。
さまざまな分野の第一線で活躍する方を講師とした講演の内容を、詳しく掲載しております。








◎講演テーマのご紹介
(プレ講座1)地産地消を活かした観光が地域を変える
(プレ講座2)社会的起業で社会を変える
(第1講)  大地を守るソーシャルビジネス
(第3講)  マーケティング理論と市場調査
  〜エネルギー・環境問題に関する調査研究事例を交えて〜
(第4講)  ビジネスプランと資金調達
(第6講)  アイディアから起業まで、そして現在
(第7講)  身近な生活から生まれる社会起業
(第9講)  社会起業の必要性
  







本書は、東北公益文科大学地域共創センター内の閲覧コーナーでご覧いただけます。
また、送付を希望される方は、社会起業家育成研究会(地域共創センター内、電話:0234-41-1115)までご連絡ください。

(1) 2 3 4 ... 6 »