ログイン  |  新規登録
メインメニュー
公益大生、まち活動日記
社会起業家育成研究会 - 社会起業家育成チームさんのエントリ

2012/10/31
【開催報告】社会起業家育成講座 広石拓司氏講演会・ワークショップ

執筆者: 社会起業家育成チーム (10:10 am)
10月15日(月)、社会起業家育成研究会が主催する「明日から起業!社会起業家育成講座」が開講した。第一講は広石拓司氏(株式会社エンバブリック代表取締役)を講師に迎え「思いを事業にするためのコミュニティ戦略」と題して講演。公益大生を含む24名が参加した。

起業家が成功する要因として「うまくいく起業家は、頭が良くて一人でなんでもできる人ではなく、周りに相談して誰かに手伝ってもらう人。周囲の協力を得ながら自らも成長できる。」と語った。



日本のNPOが成長できない理由について、ホームパーティを事例に挙げ「年代や業種の異なる人々が30人ほど集まる場をさらりと運営できない(場づくりができない)。

場づくりできる人は、仕切りや盛り上げることがうまい人ではなく、守り立てる(ファシリテーション。関心があり思いがあっても自分から話せない人が、安心して話せる場をつくれる)人。」と説明。技術としてのファシリテーションの重要性を述べた。

学生の受講生は「学生にもできることがある。地域や周りの人への聞き取り調査は事業に繋がるヒントがある。まずはリサーチなどできることから始めて。」という講師の言葉にメモを走らせていた。



講演後の第2講「ワークショップ」では、思いを整理し事業化するワークシートに記入。グループ3〜4人に分かれて発表も行った。講座終了後も講師へ質問が多く寄せられ、有意義な講座となった。
印刷用ページ 友達に送る