ログイン  |  新規登録
メインメニュー
公益大生、まち活動日記
みんなのブログ - 共創センターさんのエントリ

2014/02/20
【開催報告】 加茂地区整備構想策定ワークショップが開催されました

執筆者: 共創センター (2:30 pm)
平成26年2月19日(水)19:00〜20:30、鶴岡市加茂コミュニティセンターにて第3回目となる「加茂地区整備構想策定ワークショップ」が開催されました。

加茂地区整備構想策定事業は、加茂水族館のリニューアルオープンや、平成28年度に開催される「全国豊かな海づくり大会」に向け、まちづくり・整備計画の策定を行うものです。
加茂地区住民、加茂水産高校、加茂水族館、山形県や鶴岡市が一体となって地域づくりに取り組みます。
本学の渡辺暁雄准教授が、「庄内景観回廊 加茂地区活性化事業」と同じく、コーディネーターを務めています。

今回は、加茂水産高校生も含めた加茂地区住民のみなさんで、加茂地区を4つのゾーンについて、それぞれハードとソフトの面でどのようなものが必要か意見を出し合いました。



最初に、鶴岡市の担当者より前回のワークショップで出た意見をまとめたものが報告されました。



次に、5グループに分かれて、各々意見を出し合います。
出た意見に優先順位をつけ、何が一番求められているかをはっきりとさせました。

その後、各グループの代表者が出し合った意見を発表。会場にいる全員で一つひとつの意見を共有しました。
「あの伝説のチーズケーキを復活させては」
「石組みを残して、景観に配慮した上で道路を安全に広げたい」
「加茂水産高校の缶詰を買うことのできる売店を作っては」など、さまざまな声があげられました。



参加している一人ひとりが意見を出し合い、また楽しそうに話が進む様子から、加茂地区のみなさんの地域への想いが感じられました。
印刷用ページ 友達に送る